関防印や遊印を彫る前に文字レイアウトを確認していただき納得のデザインにて作成いたします。

【関防印とは】
引首印とも言い、書幅・扁額などの右肩に押す印。装飾的な意味を持ち、作品効果を高めるため、本文より半字ほどさげて押すと安定します。もとは斎号であったが、語句、朱文、白文など自由。長方形が多い。

【遊印とは】
はがきや手紙、色紙など自由に押して楽しむ印。

材質はリーズナブルなゴム印(朱肉にも使えるゴム使用)木の温もりの柘材、本格志向の石材の3種類。文字数は基本4字まで。彫る前に文字レイアウトを確認していただき納得のデザインにて作成いたします。
★ゴムの落款印は手彫りではありません(石や柘は手彫りです)。

お買物に関するご案内shop information